ホーム

SAP がグローバルで展開する

スタートアップ共創プログラムとは?

~ B2B スタートアップ必見!
企業の変革を後押しする方法論やコラボレーションを徹底紹介!

 

 

SAP がグローバル展開するスタートアップ共創プログラムとは?
~ B2B スタートアップ必見!企業の変革を後押しする方法論やコラボレーションを徹底紹介!

 

大企業とスタートアップの共創によって、どんな価値が生まれるのでしょうか?

SAP のスタートアップ共創プログラムでは、スタートアップの製品を SAP と連携させ、共同で提案活動を推進します。

本イベントでは 40 万社の顧客、2 万社のパートナーを持つ SAP の法人営業のナレッジをご紹介するとともに、製造や物流などの領域のスタートアップとの連携による様々な可能性を、プログラムに参加した企業のピッチも交えながらご説明します。

 

【日 時】 2020 年 11 月 25 日(水) 16:00 ~ 17:00

【主 催】 SAP ジャパン株式会社

【共 催】 大阪イノベーションハブ

【後 援】 大阪府

【形 式】 オンラインセミナー(ZOOM)

【対 象】 ・グローバル展開を検討、または次回プログラムへの参加に関心があるスタートアップ

      ・SAP が協業するスタートアップに関心のある大手・中堅企業

      (関西・大阪地域に限らず、どの地域からでも参加可能です)

【定 員】 300 名

プログラム
時間 アジェンダ
16:00 - 16:10 ご挨拶および SAP パートナーエコシステム戦略のご説明
16:10 - 16:25

平均 1 億円、12 カ月の商談を制する SAP の法人営業の実務

SAP では、Franchise for Success(F4S)という名の営業メソッドとツールを全ての販社に展開・定着させる取り組みを開始しました。本セッションでは、実際に現場で F4S を活用しながら営業活動を推進するセールスマネージャーがお話しいたします。

16:25 - 16:55

スタートアップ共創プログラム「SAP.iO Foundry」とは
SAP.iO 参加スタートアップピッチ:各社ソリューションと SAP との協業内容のご紹介

 

Hacobu:SaaS 型の物流管理ソリューション(代表取締役社長 CEO 佐々木 太郎 氏)

働き手不足が深刻化する物流業界に Hacobu あり!「運ぶを最適化する」をミッションにかかげ、製造・卸売・小売・物流事業者のほか自治体なども含めた全てのステークホルダーの「モノと車両と場所」に関わる情報が集約された物流共通プラットフォームの構築を目指しています。


XTIA:3 次元形状測定による自動検査ソリューション(事業開発本部 GM 豊福 康友 氏)

ノーベル物理学賞を受賞した世界最高精度の「光コムレーザー」を用いた、高速かつ高精度の製品検査技術を提供しています。 これまで加工や組立・運搬が進んできた工場の自動化において、検査工程も含めた完全なる自動化を目指しています。 初期投資負担の少ない中小企業向けの検査受託事業や、検査データプラットフォームを提供する事業も計画しています。


Neural Pocket:画像解析の AI ソリューション(スマートシティ事業責任者 松田 拓也 氏)

世界最先端の AI/画像解析により幅広い物体・人物認識を可能とする当社の技術は、様々なエッジデバイスに実装され、スマートシティの実現には欠かせないモビリティや人流解析のほか、様々な自治体や企業の事業やサービスに活かされています。

16:55 - 17:00

クロージング

※ 当日のプログラムは、予告なく変更となる場合がございます。

Contact Form