Results:

みんなで形にするデジタル技術を活用した
プラント業務のこれからの姿 2021 第一回
 
Go to SAP

2018 年 12 月より延べ 25 企業・団体以上から有志が集まり、デザインシンキングの手法を用いて、未来のプラント業務のあるべき姿の検討を継続して参りました。

今回のセッションでは、プラントでの実用化目前のドローンを例にとり、より具体的なアクションを検討し、業界を越え官民共通で取り組むべきアクションについて考察します。

 

  • 新しいデジタルデバイスを使ってプラント保全業務そのものをインテリジェント化するためにはあと何が必要か
  • 日本国中どの企業も当たり前のように保全業務インテリジェント化の効果を得るためには何をすべきか

 

プラント業務の未来に関心をお持ちの皆様のご参加をお待ちしております。

 

 

【日 時】2021 年 6 月 9 日(水)13:00-17:00

     2021 年 6 月 11 日(金)13:00-17:00

【主 催】SAP ジャパン株式会社

【共 催】JSUG 設備保全部会

【形 式】オンラインセミナー

【参加費】無料(事前登録制)

【対 象】プラント業務、設備保全のあるべき未来の姿に関心のあるプラント操業、設備製造、行政の皆様

 

【事前セッション】

参加者向け事前セッションを開催します。ワークショップで議論にスムーズにご参加いただくため、事前に利用するオンラインツールの接続/動作確認、利用方法の説明を行います。

 

 ・6 月 2 日(水)15:00-16:00

 ・6 月 3 日(木)15:00-16:00

 ・6 月 4 日(金)15:00-16:00

 

各日とも全て同じ内容で実施しますので、ご都合の合う日時を選択しワークショップと併せてお申込みください。

 

※ 本セッションはクラウドサービス(ZOOM、MURAL)を用いたリモートセッションです。お客様の IT の制約でアクセスできない場合はご参加になれない場合がございます。