ホーム

SAPパブリックディズ

デジタル社会実現に向けた自治体DX

 

 


SAP パブリックディズ

 

自治体の皆様に対して地域および自治体様が取り組んでいる社会課題解決やDX推進の最新トレンドをご紹介いたします。
初回は、地域/自治体が取り組みべき人的資本活用と題して、地域におけるデジタル×女性活躍推進の取り組みや自治体様における人材育成・活用をテーマにご説明します。

なお、次回以降、業務の効率化、データ活用に関して随時配信いたします。どうぞご期待ください。

 

【形 式】 オンライン(Zoom)
【主 催】 SAP ジャパン株式会社
【参加費】 無料(事前登録制)
【対 象】 デジタル推進に取り組まれている自治体様のリーダーおよびご担当者様

日本の社会において人的資本可視化の必要性は政府によって提唱されおり、背景にはコロナ渦における就労状況の変化、女性の経済的な自立や、デジタル分野における人材不足などの社会課題があります。また、自治体内においてもそれらの社会課題を支える人材の育成が急務です。本セミナーでは、今まさに変化の求められている地域社会および自治体に向けて人的資本活用の最新トレンドをご紹介いたします。

 

■日時
・2022年11月24日(木)13:00開始、14:30終了予定

■アジェンダ

人的資本可視化のトレンド
地域における女性活躍推進の具体的な取り組み
自治体における人材育成のポイント

 

本セミナーを通してより多くの自治体様の社会課題解決や人材育成のご参考になれば幸いです。是非、ご参加ご視聴ください。

 

 

参加登録はこちら

近年、政府による自治体DX推進は勢いを増し、行政手続きのオンライン化を始めとした様々な住民サービスのデジタル化が進んでおります。一方で、住民からの申請受領後の後続業務や、行政内部の事務業務は未だに紙やハンコを中心に運用されており、こうした内部事務における業務プロセスの改善やデジタル技術を利活用した業務改革が喫緊の課題となりつつあります。
「SAP Public Days2回目」では、有識者の目線から、行政手続きにおける後続業務や内部事務のデジタル化の課題と解決策を解説します。

 

■日時
・2022年12月21日(水)13:00開始、14:00終了予定
■アジェンダ
自治体BPRの肝を伝授―全庁業務改革で揃えるべき『必須要素』とは―
内部事務DXの進め方指南―支出業務から始める内部事務DX―
 

本セミナーを通してより多くの自治体様の業務改革やデジタル活用のご参考になれば幸いです。是非、ご参加ご視聴ください。

 

参加登録はこちら

Return to top
Contact Form