ホーム
変動が定常となった今、
考えるべきものづくり・サプライチェーンのデジタル変革

〜ウィズコロナと世界情勢の変化を見据えた取り組みの重要性〜

変動が定常となった今、考えるべきものづくり・サプライチェーンのデジタル変革

〜ウィズコロナと世界情勢の変化を見据えた取り組みの重要性〜

 

当初は早く終息すると期待されていたコロナ禍も本当の終息が見えないまま数年が経過し、その間に企業経営に大きなインパクトを与える出来事も多く起こっています。半導体をはじめとした部材の不足やサプライチェーンの分断も当面続くことが想定されており、ニューノーマルと言われたように以前からすると変動状態と言える状況が定常となっています。

そういった状況が想定され始めた今、変動に強いプロセスとは何か、ものづくり・サプライチェーンのデジタル変革がどうあるべきか、などについて改めて考えることが必要です。本Webinarでは各業務領域において考えておくべき課題と解決の方向性についてSAPのソリューションをベースにご紹介します。   

 

 
日程

【日 時】 2022 年 10 月 7 日 (金) 11 : 00 - 16 : 30

【形 式】 オンライン開催(On24)

【対 象】 製造業の変革推進者の方々

【主 催】 SAP ジャパン株式会社

【登 録 方 法】 事前登録制(お申し込み多数の場合は抽選)

【登 録 期 限】 2022 年 10 月 5 日 (水) 17 : 00

 

※当日のプログラムは、予告なく変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

※競合企業からのご参加はお控えください。

プログラム
すべて開く
プログラムのトップに戻る
Contact Form