ホーム
変動に強い経営管理基盤の実現
~オペレーションとマネジメントを繋ぐ、SCMと財務の計画統合~

 

 


変動に強い経営管理基盤の実現

~オペレーションとマネジメントを繋ぐ、SCMと財務の計画統合~

 

 

不確実性が高まる昨今、従来の積み上げ的な需要予測やサイロ化された計画プロセスでは不十分といえます。変動により柔軟に対応していくためには、経営と現場を繋ぐ統合型の経営管理基盤の必要性が高まっています。

本Webinarでは、現在求められる統合型経営管理のあり方と、それを実現させるSAPソリューション群、また実践企業の先進事例をご紹介します。是非この機会にご参加いただき、貴社のビジネスモデル変革の一助となれば幸いです。   

 

 
日程

 

 

【日 時】 2022 年 11 月 29 日 (火) 14 : 00 - 15 : 30 (90分)

【形 式】 オンライン開催 (Zoom)※開始時刻の10分前から入場可能

【主 催】 SAP ジャパン株式会社

【登 録 方 法】事前登録制(無料)

【登 録 期 限】 2022 年 11 月 28 日 (月) 24 : 00

 

※当日のプログラムは、予告なく変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

※競合企業からのご参加はお控えください。

プログラム
すべて閉じる

新型コロナウイルス感染症の影響や国際情勢の変化などにより、市場の不確実性が常態化している中、従来の積み上げ的な需要予測に基づくサプライチェーンだけでは市場変動を後追いする形となり、経営資源を浪費するリスクが高まります。こうした不確実な事業環境における経営管理の課題と解決アプローチをご紹介します。

 

EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社

サプライチェーン&オペレーションズ
アソシエートパートナー
伊藤 亮

SAPグループは売り切り型からサービス(クラウド)型へビジネスモデル変革を推進する中で新旧入り混じるビジネスを支える経営管理およびオペレーションを支える基盤を整備してきました。本セッションでは経営管理にフォーカスして中期計画・予算・予測の統合管理基盤と将来予測型経営実践例についてご紹介します。

 

SAPジャパン株式会社
早稲田大学大学院非常勤講師、
一般社団法人日本CFO協会主任研究員
中野 浩志

現在のサプライチェーンの変動は当面継続することが想定されています。そのため変動を一過性のものと考えず、効率的に対応する仕組みの構築が急務となっています。本セッションではサプライチェーン計画領域におけるSAPの取り組みと、変動に強い仕組みについてご紹介します。

 

SAPジャパン株式会社
デジタルサプライチェーン グローバルCoE ディレクター
原 尚嗣

グローバル消費財メーカーにおける導入事例をご紹介します。本事例では、ファイナンス部門の収益見込作成プロセスと、SCM部門の計画プロセスを連動させ、販社・地域統括・グローバル本社でデータの整合性を確保することにより、タイムリーな意思決定と指示・伝達を実現しました。本取り組みのポイントについてご説明します。

 

EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社
ファイナンス ディレクター
山森 慎也

講演者全員よるパネルディスカッションを実施します。計画情報の統合に向けたプロジェクト推進上の課題と解決アプローチを中心に討論し、当日お寄せいただいたご質問にも可能な限りお答えする予定です。

 

EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社
サプライチェーン&オペレーションズ
アソシエートパートナー
伊藤 亮

 

EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社
ファイナンス ディレクター
山森 慎也

 

SAPジャパン株式会社
早稲田大学大学院非常勤講師
一般社団法人日本CFO協会主任研究員
中野 浩志

 

SAPジャパン株式会社
デジタルサプライチェーン グローバルCoE ディレクター
原 尚嗣

プログラムのトップに戻る
Contact Form