ホーム

SAP サービスまるわかり

やるぞ!RISE with SAP 編

 

 

 

 

 

 

SAP サービスまるわかり
 

やるぞ!RISE with SAP 編

RISE with SAP プロジェクトの不安や疑問を解決!

 

RISE with SAP をご検討いただいているお客様から様々なお声をいただきます。


「クイックにコンバージョンしたいけど、ちょっとしかダウンタイムが取れない......」
「従来の Water fall 型の人にも分かるように Clean Core の説明をして欲しい」
「そもそも、どうして BPI とか BTP が RISE の中核となって必要とされてるの?」
「SAP Activate 方法論というよりも、地に足ついた内容を知りたい!」等々。


本シリーズは、RISE with SAP をご検討中のお客様からのお声や、よくいただくご相談トピックをもとに、RISE with SAP プロジェクトの不安や疑問を解決するためのコンテンツを発信していきます。

 

今年の SAP サービスまるわかりは、従来の「オンラインセミナー」から「オンデマンドコンテンツ」になりました!
1 つのテーマを、複数のコンテンツにて構成しています。テーマ毎に視聴登録をしていただきますと、対象テーマのコンテンツはすべてご視聴いただけます。各コンテンツを短時間にし、隙間時間にご興味のあるコンテンツをご覧いただけます。

皆さんの RISE with SAP に関する「もっと知りたい!」のお声を、事務局宛にメールをいただけましたら、今後の追加コンテンツとして検討させていただきますので、不安や疑問もお待ちしております。

SAP サービスと一緒に、RISE with SAP プロジェクトの不安や疑問を解決しましょう!!

 

 

テーマとコンテンツ公開スケジュール
すべて閉じる

昨年の JSUG 意識調査で 89% の企業が移行検討は開始しているという結果が出た通り SAP ECC から SAP S/4HANA への移行の流れがいよいよ本格化しています。移行の基本情報と注目の高いダウンタイム、アドオン(カスタムコード)改修の要点をお伝えします。

 

トピック1:移行計画スタート時の疑問にお答えします!

移行計画の開始時によくご相談いただくトピックのうち、移行オプション・難易度・SAP S/4HANA 移行の上申ストーリーに絞って簡潔にご説明します。

 

トピック 2:移行にむけて ABAP カスタムコード調整の準備を行いましょう!

SAP S/4HANA 移行に伴い、これまで利用してきた ABAP カスタムコードを新環境でも利用できるように調整するための分析ツールをご紹介します。

 

トピック 3:NZDT で移行ダウンタイムを短縮しましょう!
NZDT(Near-Zero Downtime Technology)は、RISE 移行にも対応した唯一の SAP S/4 HANA 移行向けダウンタイム短縮ソリューションで、SAP のみが提供可能なサービスです。安全に、短いダウンタイムで SAP S/4 HANA への移行が可能な、SAP のダウンタイム短縮サービスである NZDT をご紹介します。

 

視聴登録はこちら

日本企業の生産性はこの20年間ほとんど横ばいのままである、という事実をご存知でしょうか?

この状況を打破するためには組織横断でのエンドツーエンドの業務改革が不可欠です。

本テーマでは、SAP Signavio を活用した業務改革の勘所をご紹介します。

 

トピック1:継続的な業務改革を支援する SAP Signavio とは

変化の激しいいまの時代に頻繁に必要とされる業務改革をSAP Signavioを活用してどのように継続的に実現するか、全体観をご紹介します。

(後続セッションをよりご理解いただくためにも、最初にこちらのセッションのご視聴をお薦めいたします。)

 

トピック2:SAP Process Discovery / InsightsでS/4HANA化のヒントを発見しよう! 

SAP Process Discovery / Insightsを活用して、システムデータを元にビジネスプロセス診断を行い、

プロセス改善のポイントや有効なS/4HANAソリューションの情報を発見することができます。

 

トピック3:SAP Signavio Process Manager でビジネスプロセスを設計しよう!
SAP Signavio Process Manager を利用して、ビジネスプロセスをどのように設計(モデリング)していくのか、また、効率的なシステム導入や運用のため、プロセス情報をどのように活用していくのかポイントをご紹介します。
 

トピック4:SAP Process Insights および SAP Signavio Process Intelligence でビジネスプロセスを分析&監視しよう!
ビジネスプロセスの分析&監視は、ビジネスプロセスを変革・改善し続けるための必須条件です。このセッションでは、SAP Process Insights および SAP Signavio Process Intelligence を利用したビジネスプロセスの分析&監視についてご紹介します。

 

トピック5:SAP Process Automation でビジネスプロセスを自動化しよう!
ビジネスプロセスのボトルネック解消の切り札となるプロセス自動化をクイックに実現するため、必要な機能が全て詰まっているソリューション SAP Process Automation をご紹介します。

 

トピック6:Tricentis(テスト自動化)でビジネスプロセス変革を爆速化しよう!
ビジネスプロセスの変革・改善、それに伴うシステム変更時に必要となる膨大なテスト。迅速にビジネスプロセスを変革・改善し続けるためには、テストの自動化が必須です。このセッションでは、SAP一押しのテスト自動化ツールTricentisをご紹介します。

 

視聴登録はこちら

SAPの導入は他のITプロジェクトとは異なる特徴が多数あります。
特にSAP S/4HANAプロジェクトにこれから関わる方々に向けて、導入プロジェクトから運用におけるSAP S/4HANAの特徴となる部分についてポイントをかいつまんでご説明します。

 

トピック1:SAP S/4HANAプロジェクトの成功の秘訣とは?
過去のERP導入における課題・問題点からSAP S/4HANA導入プロジェクト成功の秘訣を導き出します。

 

トピック2:ビジネスプロセス定義の落とし穴とは? Fit to Standardって何?
何故、要件定義がうまくいかないのか?SAP S/4HANAの導入において、最も重要な要素であるビジネスプロセス定義の概要と最新トレンドのFit to Standardアプローチについて解説します。

 

トピック3:アドオンをどうやって減らせばよい? クリーンコアって何?
何故、アドオンが増えてしまうのか?アドオンを増やしすぎないためのアプローチと最新トレンドのクリーンコアについて解説します。

 

トピック4:SAP S/4HANAは導入してからが本番! Intelligent Enterpriseとは?
SAP S/4HANA活用は導入してからが本番。SAP S/4HANAの潜在能力を最大限に発揮するIntelligent Enterpriseへの道筋について説明します。

 

視聴登録はこちら

BTPって何?何ができるの?を簡単解説

SAPが掲げる「インテリジェントで持続可能な企業を実現」するために決して欠かすことのできないピース。それは SAP Business Technology Platform (SAP BTP) です。
変革の第一歩は SAP BTP から始まります。
本テーマでは SAP BTP について計9つのセッションでご紹介します。

 

トピック1:BTP概要 ~そもそもBTPとは
BTPのご利用を検討いただく上でご理解いただきたい内容や、よくお客様からいただくご質問などをもとに、BTPとは何か、また、BTPがどのような機能を持っており、どのような場合に利用できるかについてご紹介します。

 

トピック2:BTP初期セットアップ ~BTPを使い始めるまでのステップとは
BTPをご契約後から使い始めるまでに最初に手を付けるべきステップを実際の画面をご覧いただきながらご紹介します。

 

トピック3:BTP Extension Suite ~ これからのアプリ開発
SAP Extension Suiteは拡張のための単なるツールではありません。その広いカバー範囲についてご紹介をするとともに、開発効率を上げるための今注目のアプリ開発手法であるLow-Code/No-Codeについてもお話しします。

 

トピック4:BTP Integration Suite ~ハイブリッド環境におけるデータ連携
複雑化していくシステムランドスケープに対応する為には、これまでのオンプレミス中心としたデータ連携基盤だけでは困難です。ハイブリッド環境のデータ連携を実現するSAP Integration Suiteをご紹介します。

 

トピック5:BTP DevOps (CI/CD) ~自動化された継続的なテストと移送
システムの安定稼働や効率的な開発を実現するための仕組みとそれを支援するサービスを構成例を交えつつご紹介します。

 

トピック6:BTP Launchpad Service ~SAP Launchpad serviceの強みを知ろう!
Fiori Launchpad on BTPの特徴について、主にオンプレのFiori Launchpadとの違いに触れながらご紹介します。

 

トピック7:BTP運用・監視 ~ BTPのサービスを用いたCloud Foundry運用監視の自動化
BTP Cloud Foundry上に配備したアプリケーションを運用監視するための構成例と例で使用されるサービスを実機も交えてご紹介します。

 

トピック8:BTP Extension Suiteを使ったS/4HANA拡張開発Tips ~ 典型的な開発パターンにおける技術の選び方
S/4HANAをデータソースにしたWebアプリケーションを開発したい場合、どういう考え方で設計すれば良いのか。典型的なパターンにおいて有用な技術と、その選び方をご紹介します。

 

トピック9:BTP Integration Suiteを使ったS/4HANA連携Tips ~ シナリオごとの連携パターン
システム連携やデータ連携など、S/4HANAの典型的な連携パターン毎にIntegration Suiteをつかってどのように実現するのかご紹介します。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

クリーンコアって何だろう?を簡単解説

SAP S/4HANA システムの拡張を検討する際にキーワードとなるクリーンコア。クリーンコアとは何か、また、クリーンコアを実現するためのアプローチのポイントについてご紹介します。

 

トピック1:カスタムコードから考えるクリーンコア

ABAPカスタムコードの観点から、SAP S/4HANA システムにおけるクリーンコアとは何か、また、クリーンコアアプローチのポイントについてご紹介します。

 

視聴登録はこちら

SAP S/4HANAならではのロジスティック機能が続々と追加されています。これまでアドオンで実現せざるを得なかった機能も標準でカバーできる可能性があります。注目の機能をご紹介します。

 

トピック1 : SAP S/4HANA SALESの推し機能

SAP S/4HANAプロジェクトにおいて、Salesエリアに関わる方々に向けて、受注伝票エクセルアップロード、伝票情報一括更新などの推し機能をピックアップしてご紹介します。

 

トピック2 : SAP S/4HANA PROCUREMENTの推し機能

SAP S/4HANAプロジェクトにおいて、Procurementエリアに関わる方々に向けて、購買承認、簡易サービス入力シート、モバイル対応のFioriアプリなどの推し機能をピックアップしてご紹介します。

 

トピック3 : SAP S/4HANA MANUFACTURINGの推し機能

SAP S/4HANAプロジェクトにおいて、Manufacturingエリアに関わる方々に向けて、計画独立所要量の一括登録機能など、S/4HANAで充実化された推し機能をピックアップしてご紹介します。

 

トピック4 : SAP S/4HANAの aATPってナニモノ?

SAP S/4HANAプロジェクトにおいて、利用可能在庫確認の要件定義を行う方々に向けて、APOからS/4HANAに取り込まれた進化版ATP機能"advanced ATP"の概要をご紹介します。

 

視聴登録はこちら

SAP S/4HANAソリューションを実際に使いながら、実現する価値を具体的に見極めていくPOC(検証)についてご案内します。

 

トピック1:SAP S/4HANA等ソリューションの評価(POC)から導入へ
S/4HANA Best Practices日本版の環境他SAPソリューションのPOCから導入をご検討の際に活用いただけるサービスのご案内です。

 

視聴登録はこちら

現在、日本ではS/4HANAプロジェクトを契機として今までのマスターデータ管理を一から見直すお客様が増えています。S/4HANAに標準搭載されているSAP Master Data Governanceで一緒にスマートかつ確実なマスターデータ管理を始めてみませんか?

 

トピック1:SAP Master Data Governanceでスマートなマスターデータ管理を始めてみませんか?
SAP S/4HANAプロジェクトを契機として、現在のエクセル/メールベースの旧来のアナログなやり方でマスターデータ管理の方法を抜本的に見直したいと課題認識を持たれている方むけにSAP S/4HANAに標準搭載されているSAP Master Data Governance(SAP MDG)を利用した、スマートなマスターデータ管理の方法をご紹介いたします。

 

トピック2:S/4HANAプロジェクトにおけるSAP Master Data Governanceの利用シーン
日本におけるS/4HANA導入プロジェクトでのSAP Master Data Governance(SAP MDG)の導入のされ方、活用シーン、導入のときの検討ポイントなどをご紹介いたします。

 

視聴登録はこちら

BTPを活用して変革を生むためにベースとなる技術情報は様々です。その中でも、導入シーンでよく話題に挙がる情報をかいつまんでご紹介します。

 

トピック1: オンプレ、クラウド含めた SSO 設計(SAP IAM/Azure AD) SSO認証編
ハイブリッドなシステムランドスケープにおけるIdentity and Access management設計について、Microsoft  Azureを使用した場合およびSAP Cloud Identity Servicesを使用した場合の参考アーキテクチャをSSO認証とUser Provisioningそれぞれについてご紹介します。(こちらは、SSO認証編です。)

 

トピック2: オンプレ、クラウド含めた SSO 設計(SAP IAM/Azure AD) User Provisioning編
ハイブリッドなシステムランドスケープにおけるIdentity and Access management設計について、Microsoft  Azureを使用した場合およびSAP Cloud Identity Servicesを使用した場合の参考アーキテクチャをSSO認証とUser Provisioningそれぞれについてご紹介します。(こちらは、User Provisioning編です。)

 

トピック3: すべてはここから 「SAP Launchpad サービス」#1 サイト構築
RISE with SAP では、標準 UX として SAP Launchpad Service を活用して、セントラルポータルサイトを作成することができます。
SAP Launchpad Service を利用して、インターネットからアクセス可能なサイトを構築する方法についてご紹介いたします。
 

トピック4: すべてはここから 「SAP Launchpad サービス」#2 コンテンツ連携
SAP Launchpad サービスでは S/4HANA をはじめとしてローカルで管理された Launchpad コンテンツを連携し、Launchpad サイト上で表示することができます。
ユースケースとして事例の多い、S/4HANA Private Cloud / On Premise 環境をコンテンツプロバイダとしたリモートコンテンツの連携方法についてご紹介いたします。

 

トピック5: すべてはここから 「SAP Launchpad サービス」 #3 クラウドアプリのアクセスポイント
カスタムで開発したアプリをクラウド上にデプロイし、セントラルラウンチパッドからアクセスするデモをご紹介します。SAP Launchpadサービスが提供するHTML5アプリケーションのランタイム機能を利用できるので今まで以上に簡単にクラウド上にアプリをデプロイし実行できます。

 

トピック6: すべてはここから 「SAP Launchpad サービス」 #4 モバイル活用により広がる世界
RISE with SAP では、標準 UX として、SAP Launchpad サービスと合わせて、SAP Mobile Start の利用が可能となっています。
モバイルの活用により、業務処理スピードを向上し、従来の業務の在り方を変えることができます。モバイルネイティブアプリケーションからSAP Launchpad サイトへのアクセス可能にする、SAP Mobile Start についてご紹介いたします。
 

トピック7: 文書データはここで管理!クラウド型添付文書管理システム SAP BTP Document Management Service のご紹介
クラウド型添付文書管理システム SAP BTP Document Management Service について、ユースケース紹介からセットアップも含めてご紹介させていただきます。
Content Server など SAP にある他の文書管理システムもご紹介させていただきます。

 

トピック8: BTP Integration Suite ~ プロセス連携ツールの使い分け (前編)#オンプレミス間・ハイブリッドの連携
お客様やパートナー様からよく聞かれるオンプレミス間およびハイブリッドのシステム連携について、SAPが提供するEAIツール Cloud IntegrationとProcess Orchestrationどちらを使うのがいいのか?という疑問について紹介させていただきます。また、Process OrchestratioinからCloud Integrationへの移行の方向性についてもご紹介させていただきます。

 

トピック9: BTP Integration Suite ~ プロセス連携ツールの使い分け(後編) #LoB SaaSとの連携
SAPが提供するAribaやSuccess FactorsなどのLoB SaaSに関して、独自の連携ツールをもつものがああります。そのなかでも、AribaのCloud Integration GatewayとSuccess FactorsのIntegration Centerの概要およびCloud Integrationとの違いについてご紹介いたします。

 

視聴登録はこちら

CO2排出量計算やサステナビリティダッシュボード機能等の最新SAPサステナビリティソリューションと推進サービスのご紹介。

 

トピック1:SAPのサステナビリティソリューション概要

 

トピック2:SAP Product Footprint Management・SAP Sustainability Control Tower概要

 

トピック3:SAP Sustainability Service紹介

 

視聴登録はこちら

テーマとコンテンツ公開スケジュールのトップに戻る
Contact Form